退行

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害とは > 心の症状と行動 > 退行

退行


退行とは、いわゆる「幼児がえり」のことで、摂食障害患者さんには退行がみられることがあります。
本来の年齢とは違い、幼児のように甘えたり、わがままほうだいに振舞ったりします。
話し方や趣味が幼くなったり、母親にべったりではなれない、ぬいぐるみを離さないなどすることがあります。
過食症状のある患者さんは特に問題行動がひどい場合があります。
家族(特に母親)に対して、無理難題なわがままを押し付け、それが聞き入れられないときには極度に機嫌が悪くなったり、それがエスカレートすると暴力を振るうようになります。
口汚くののしったり、大声でわめきちらし、身の回りのものを壊す、投げるなどし、さらに手を上げるようになることがあるのです。
わがまま放題で暴力的になっているときと、そうでないときではまるで別人のようになる場合も多く、本人も自分の行為についてひどく後悔し周囲に対して謝ったりします。

退行は、本人が置かれた状況が本人が耐えられる限界を超えてしまい、誰かに守って欲しいという気持ちの表れだったり、過去に満たされなかった愛情の受けなおしを欲していることから起こるようです。
問題行動がひどい場合は、本人が無意識のうちに母親や家族に対して「どこまで自分を受け入れてくれるのか」試しているのかもしれません。
ただ、それがエスカレートしたものは、「私を愛して欲しい」という想いが、「どうして私を愛してくれないんだ!」「どうして私はこうなってしまったんだ!」などという強い怒りに姿を変えているものなのかもしれません。
本人も大変苦しんでいるのは間違いないのですが、家族にとっても対応に大変苦慮する問題です。


↑このページの一番上へ

トップページへ戻る
■病気の概要■
一般的なイメージ
摂食障害の分類
 ├ 過食症とは(診断基準)
 ├ 拒食症とは(診断基準)
 └ 特定不能の摂食障害とは
*摂食障害の捉え方
 ├ 摂食障害は病気じゃない?
 └ 食行動への嗜癖という見方

■身体への影響■
嘔吐・下剤乱用による身体的影響
拒食(やせ)による身体的影響

■心の症状と行動■
考え方の特徴
* 心の症状

 ├ 偏った病識(過食症)
 ├ 病識の欠如(拒食症)
 ├ ボディーイメージの障害
 ├ もう一人の自分と心の葛藤
 ├ イライラ
 ├ 落ち込み・うつ状態
 ├ 自信喪失・見せかけの自信
 ├ 先のことへの不安と心配
 └ 妄想
* 行動
 ├ 活動性亢進
 ├ 食事へのこだわり
 ├ 引きこもり
 ├ 退行
 ├ 万引き・盗み
 ├ 隠れ食い・買いだめ行為
 ├ 依存
 └ 自殺企図・自傷行為

■病気の背景■
摂食障害になりやすい人は?
* なぜ摂食障害になるのか
 ├ 社会的・文化的背景
 ├ 心理的背景
 └ 家族背景
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.